立体写真の表紙へ戻る立体写真の目次に戻る

アナグリフ立体写真 神戸ルミナリエ2008

  撮影2008年12月5日

 「神戸ルミナリエ」は、平成7年1月に兵庫県南部地方を襲った阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂の意を
込めると共に、都市の復興・再生への夢と希望を託して、この年の12月に初めて開催されました。
今年2008年は第14回目だそうです、開催は震災で打ちひしがれた神戸の街と市民に大きな感動と勇気、
希望を与えました。
閉幕直後から、市民や各界から継続開催を求める強い声が寄せられ、都市と市民の希望を象徴する神戸の
冬の風物詩としての定着を目指し、多数の企業・団体からの協賛や補助、市民や来場の方からの募金などに
支えられて、毎年開催されています。
午前中の雨もあがって、神戸市の風景、ルミナリエの光の彫刻作品などを今回初めて立体撮影しました。
お昼には姫路城や白鶴酒造資料館を立体撮影しましたのでこちらもご覧下さい。


 ←ボタンをクリックすると自動的にスライドショーが始まります

見たい写真だけクリックして見ることもできます 右クリックで次の写真へ 左クリックで閉じます