立体写真デジカメで遊ぼう表紙に戻る

カラー写真を裸眼 交差法で立体視

交差法の見方は自分の鼻の頭にチョウチョがとまったと思って そのチョウチョを見る感じで
目を寄り目にします 鼻の頭の先にモニターがあるように顔を少し上に向け下(鼻先)を見る目つきで
モニターの2枚の画像を左目で右の画像を 右目で左画像を見ると 何かの拍子でこのモニター
上に3枚の画像が見えるようになるときがあります その真ん中の画像が立体になっている
はずです 3枚画像が見えると画像のサイズは小さくなったように見えるはずです
この交差法での利点は画像を大きくモニター一杯に引き延ばしても立体で見える事です
平行法では像の幅を小さくした方が見やすいのですが 交差法ではこのままの
初期状態の大きさでも立体視できますし これ以上大きくても立体視できます
平行法では大きくすると見えなくなりますから 交差法の方が面白いです

どちらとも一度成功するとあとは簡単に安定して見えるようになりますから
皆様あきらめずに裸眼立体視に挑戦してみてください

画面上で右ダブルクリックすると次の画像に変わります(続けて同じサイズで見るお勧めの方法です)

ソース提供は還暦QPONさん  交差法で見える方はアニメ立体水槽もご覧下さい


下のサムネール画像をクリックして練習しましょう 初期状態では交差法ですが
画面左上の 平行法にチェックをいれれば平行法で立体視できます