立体写真の表紙へ戻る立体写真の目次に戻る

アナグリフ立体写真 熊本城

撮影2007年7月12日 天気:雨

管理人は高校時代熊本の大江町渡鹿の寮に住んでいました 高校を卒業後は某会社の
熊本支店に入社し大分や北九州支店で働き数年後に会社を退職したのも熊本支店でした
今回 熊本に来る機会を得て 昔をしのんで熊本城内を立体撮影しようと訪れました

今年は熊本城築城400年との事です 熊本城は加藤清正が幾多実戦の経験に基づき
慶長6年(1601年)から7年の年月をかけて築城した天下の名城です
その構造は、かっては周囲5.3qに及ぶ広大な地域内に、大小天守を中心に
櫓49、櫓門18,城門29を数える実に雄大な城でした
大小天守は明治10年(1887年)の西南の役で焼失したものを管理人が高校1年生の時
昭和35年に再建したものですが、幸い焼失を免れた宇戸櫓ほか12の構造物は昔のままで
国の重要文化財に指定されて貴重な姿を残しています
現在は熊本城(別名:銀杏城)の往年の雄姿を復元しようと本丸御殿大広間を復元
工事が行われています。

素晴らしい熊本城の雄姿を立体写真で紹介いたします 赤青メガネを使用してご覧ください。


 ←ボタンをクリックすると自動的にスライドショーが始まります

見たい写真だけクリックして見ることもできます 右クリックで次の写真へ 左クリックで閉じます