立体写真デジカメで遊ぼう表紙に戻る

裸眼で立体写真を見る(平行法&交差法)の訓練ページ

この訓練で必ず出来る立体視  あまり見ると目が疲れますのでほどほどに

左右に並んだ立体画像を平行法と交差法により裸眼で見る訓練になるページです
裸眼視で見えるとカラー写真そのままの色で見えますから アナグリフとは違ってまた面白いです
2枚並べるので大きな画像は使えません ここでは幅400ピクセルの画像を2枚使っています
どれかサムネール画像をクリックすると 新しいウィンドウ内に二つの画像が並んでいる画面が出ます
このままのサイズを裸眼で立体視するのは最初は難しいのですが 
 
初期状態では平行法で立体になっています モニターに顔を近づけて
左の眼は左画像を 右の眼で右画像を見る あまり意識すると出来ませんが ぼーっと遠くを見る感じです


マウスの右ボタンを押し続けると画像が縮小し続けます 伏し目がちに遠くを見る感じで画像を
見ながら右ボタンを押し続け小さくしていくと画像が3枚見えるようになればOKです
画像が3枚見えると真ん中の画像が立体画像に見えてます しばらくその大きさで見ていると
画像が落ち着いて立体視出来 ふと何かの拍子に画像が安定して立体視できます
どのくらい画像の幅を縮小するかは個人差があります モニターと目の距離 目の視力
などいろいろが関係しますが 必ず見えると思ってあきらめずにやってみて下さい
これは目の筋肉を使ったり目の運動にもなり 立体写真を見ることは目の為にもいいそうなんです
安定して立体視できたら 今度はマウスの左ボタンを押し続けて元の画像の大きさくらいでも
安定して立体画像を見ることが出来るようになります 安定したらモニターから顔を離しても見られます
最初は平行法で見る方がやりやすいかもしれませんが(管理人がそうでしたから)

交差法の方が見やすいという方もいます

交差法で見るには画面の左上にある交差法にチェックを入れてください
    →  
交差法の見方は自分の鼻の頭にチョウチョがとまったと思って そのチョウチョを見る感じで
目を寄り目にします 鼻の頭の先にモニターがあるように顔を少し上に向け下(鼻先)を見る目つきで
モニターの2枚の画像を左目で右の画像を 右目で左画像を見ると 何かの拍子でこのモニター
上に3枚の画像が見えるようになるときがあります その真ん中の画像が立体になっている
はずです 3枚画像が見えると画像のサイズは小さくなったように見えるはずです
この交差法での利点は画像を大きくモニター一杯に引き延ばしても立体で見える事です
平行法では大きくすると見えなくなりますから 交差法の方が面白いです

どちらとも一度成功するとあとは簡単に見えるようになりますから
皆様あきらめずに裸眼立体視に挑戦してみてください

右上のNextボタンの上にカーソルを置いて左クリックして次に進んでください
又は画像の上で右ダブルクリックすると次の画像に変わります(続けて同じサイズで見るお勧めの方法です)

ソース提供は還暦QPONさん


下のサムネール画像をクリックして練習しましょう  これらの画像が立体視できたら次の立体画像へ