立体写真の表紙へ戻る立体写真の目次に戻る

アナグリフ立体写真 帆足本家酒造蔵

大分市戸次は 城下町と対置される在郷です
江戸末期から戦前にかけて繁栄した頃の歴史的な町並みが残っている地域です
地区の中心にあるこの酒造蔵は、木造2階建て延べ面積は1426uで
平成7年帆足家より大分市に寄贈され 酒造業の工程がよくわかる建築群として
大分市指定有形文化財となっており午前9時から午後4時半まで無料で見学できます


 ←ボタンをクリックすると自動的にスライドショーが始まります

見たい写真だけクリックして見ることもできます 右クリックで次の写真へ 左クリックで閉じます