立体写真の表紙へ戻る立体写真の目次に戻る

アナグリフ立体写真 清正公二十三夜祭

第34回の清正公二十三夜祭歩行者天国でのダンスパフォーマンスが鶴崎の中心を通る
国道197号線 鶴崎駅前交差点から国宗交差点までの通称「鶴崎ミルキーウェイ」を
会場に開催されました
以前は「鶴崎サンバカーニバル」と称していたそうですが 平成16年から
「SAEMON23」と名称を改めたそうで参加したグループの踊り隊がダンスを披露しました

その元の法心寺での二十三夜祭風景も立体写真にしました
法心寺は慶長6年(1601)肥後(熊本県)のお殿さま加藤清正公によって建立されました
当時、鶴崎は肥後の飛び地になっており交通の重要なところでした
参勤交代の時など熊本城を出て阿蘇を越え鶴崎の港から出港し瀬戸内海を
海路で大阪へと向かったのです


 ←ボタンをクリックすると自動的にスライドショーが始まります

見たい写真だけクリックして見ることもできます 右クリックで次の写真へ 左クリックで閉じます