立体写真の表紙へ戻る立体写真の目次に戻る

アナグリフ立体写真 臼杵石仏

大分県の臼杵地方は阿蘇溶結凝灰岩という軟質の崖が多く石像石仏が数多く彫られています
古園石仏の中尊大日如来像は、臼杵磨崖仏中の秀作、我が国石造美術の最高傑作の一つと言われています。
臼杵磨崖仏は、古園石仏・山王山石仏・ホキ石仏第1群・ホキ石仏第2群の四群から成っています。
いずれも造顕年代は、はっきりとしていませんが、美術史的見地からは、平安時代後期〜鎌倉時代にかけて
彫られたと考えられています。 保存修理の終わった臼杵磨崖仏は、その姿を一変し、本来の姿に近い、
見事な出来ばえとなったことが高い評価を受け、59体の磨崖仏が1995年6月15日に、石仏としては我が国ではじめて
「国宝」の指定を受けました。
臼杵石仏の由来ははっきりしないが真名の長者の娘般若姫の供養に中国から彫刻僧を呼び彫らせたとされる。
 石仏供養火まつり立体写真はこちら    般若姫の祭り「うすき竹宵」の立体写真はこちら


 ←ボタンをクリックすると自動的にスライドショーが始まります

見たい写真だけクリックして見ることもできます 右クリックで次の写真へ 左クリックで閉じます