立体写真の表紙へ戻る立体写真の目次に戻る

アナグリフ立体写真 とんど焼き

神武天皇は東征のおり、大分県佐伯市大入島の日向泊で「神の井」を作られましたが
出発の時、神武天皇の航海の安全を祈り近辺の人々が焚火し見送ったのが始まりと
言われています 以前は日向泊で行っていましたが、現在はこの大入島中学グラウンドで
盛大に行われるようになりました 松の小枝を焼いて持ち帰る方もいます


 ←ボタンをクリックすると自動的にスライドショーが始まります

見たい写真だけクリックして見ることもできます 右クリックで次の写真へ 左クリックで閉じます