立体写真の表紙へ戻る立体写真の目次に戻る

アナグリフ立体写真 耶馬溪

耶馬溪の名は頼山陽がこの地を訪れた時、山国川中流の渓谷美に驚嘆し
中国風の「耶馬溪」という名称をつけ「耶馬溪山天下に無し」の詩と「耶馬溪図巻記」絵を
残しこれにより耶馬溪の名は天下に知られるところとなった。
文豪菊池寛は小説「恩讐の彼方に」において「青の洞門」をとりあげ小学校の教科書にも掲載された。
羅漢寺は645年頃、法道がインドより渡来しこの洞窟で修業したとされる。
羅漢寺は崖に張り付いたように建っている寺で参拝するには普通リフトに乗りますが
今回は旧参道を歩いて登ってみました。


 ←ボタンをクリックすると自動的にスライドショーが始まります

見たい写真だけクリックして見ることもできます 右クリックで次の写真へ 左クリックで閉じます