立体写真の表紙へ戻る

立体写真の撮影方法と目の錯覚

立体写真の撮影方法やなぜ立体に見えるのかそのしくみを簡単に記述してみます
専門家ではないので 間違いなどもあるかも知れませんが 間違いに気づかれた方はお知らせください

人が物を見るとき遠近感は 単眼視の場合は 物の大きさをあらかじめ知っておれば
大きく見えれば近くに見え 小さく見えれば遠いと判断できます

両眼で見る場合はそれに 立体感という 両目による異なった角度から見る
微妙に違った角度の映像を脳で一つの画像として合成するときに 立体感を感じます
左右の目はおよそ5p〜7pくらい離れていますのでこの見え方の違いを「視差」といいます

遠くの物同士は遠近感はこの人間の目の間隔7pくらいでは判断しにくいのですが
間隔を離せば離すほど遠くの物でもどちらが近いか遠いか判断できるようになります

平面の画像を立体に見えるようにするためには 視差を人工的に作り出すことが必要になります
そこで 左目用の画像と右目用の画像を用意して 両目で同時に見れば脳が平面に印刷された
画像であっても 立体感を感じるのです

裸眼でこのように画像を立体視するには 左右にそれぞれの画像を並べて見る平行法
右目で左の画像 左目で右の画像を見る交差法があります ところがこの見方は
練習が必要で 簡単に見える人もいるし 管理人のように立体視できない人もいます

でも赤青のフィルムのメガネを通して 2枚の画像を1まいに合成して見る方法なら
訓練なしに誰でも 3D画像を見ることが出来ますこの方法をアナグリフといいます

その方法は左目用の画像を青色の濃淡に変換し 右目用の画像を赤色の濃淡に
変換し 2枚の画像を重ね合わせた画像を作り その画像を赤フィルムを通して見ると
青画像が見え 青フィルムを通して見ると赤色の画像が見え 左右の目には別々の
画像が見える事になり立体視できるのです

立体画像の撮影

1台のカメラでの撮影
まず 最初の1枚目の写真を撮影します 次にカメラを右横に平行移動させ撮影します
これで左画像と右画像が別々に撮影できます 動く物は写せません
数十pくらいの近くの物を写すには1p〜2pくらいの移動です
 左右のカメラ移動間隔は被写体までの距離の1/30〜1/40がいいようです
2台の同じカメラでの撮影
同じカメラを7p〜12pくらい離して平行に並べ 同時にシャッターを押して2枚の左右画像を撮影する
同時にシャッターを押せれば動く物も撮影出来ます カメラの幅がありますから
物理的に2台並べられないので ある程度より近くの物は撮影できません

立体画像の編集

上記のように撮影して左用と右用の写真を用意します
アナグリフ写真にする事で 1枚のアナグリフ画像が出来ます

フリーソフト3D作成ソフトアナグリフメーカーステレオフォトメーカー
左右の画像を読み込みアナグリフ合成できます

写真左 写真右
写真左を青化する 写真右を赤化する
写真左と写真右を合成(アナグリフ)すると立体写真の出来上がり
このアナグリフ画像を3Dメガネの赤と青を通して見ると立体視できます

目の錯覚に関するサイト紹介

最近本屋さんで 目がどんどん良くなる とかマジカルアイ ステレオグラム
という言葉の本をよく見かけます
立体写真を裸眼でみる平行法や交差法の練習は 目の筋肉の運動に役立つそうです

アナグリフ立体写真がメガネを通して立体に見えるので更に目の錯覚について
ネットで検索したら面白いページがたくさんあります

北岡明佳の錯視のページ
目の錯覚
NIDEK 目のおはなしいろいろ 表紙
Welcome to the Illusion Forum!
IROMSOFT(目の錯覚)